あなたの声がききたくて

増田良君をお茶の間からこじんまりと応援しています

あれから一年たちました

相変わらずのボケボケぶりで、デュランデュランが来日しているのを

今日知りました・・・完全乗り遅れです。

NHKにもご出演されたとかで、あーーー見たかったなぁ・・・

お二人とも、かっこいいおじさまになられたようでなりよりです。

80'S音楽の好きな増田君も、デュランデュラン好きだと

いいのだけれど♪ ・・・ハイ、願望です(笑)

 

話は変わりますが、はてなブログは時々、以前書いたブログは

こんなんでしたよーと、お知らせをくれます。

それを見ると博多座の時だったりして、去年の今頃は増田君がいるーー!

と、それはそれは大騒ぎしていたのを思い出しました。

 

毎日レポを見るのが楽しいのと同時に、博多座に行きたくてなんとか

ならないものかと、身をよじよじしていましたね・・・

今思っても、増田君に会いに行けなかったのが残念で残念でたまりません。

あべかわバカヤロー!今もそんな気持ちでいっぱいです。

 

あの頃は、一年後に起こることを想像も出来なくて、

ただただ、増田君かっこいい!きゃーー♪と浮かれていて、

今思うとほんと、ノー天気に過ごしていました。

 

いまテレビでは、奥田民生さんのSONGSを放送しています。

「さすらい」熱唱中です♪ デュランデュランといい、奥田さんといい、

ちょっと懐古気味の9月21日ですねぇ。

 

懐かしということで、この曲を♪ 

ワタシ増田君に、松山千春兄さんの歌をぜひ歌ってほしいと思っているんです。

この曲すっごく好きなので、ぜひぜひ。

www.youtube.com

 

忘却の彼方・・・

昨日のMステ・・・すっかり失念してました・・・

 

というか、うっすらと覚えていたとは思うのですが、

やっぱり気合が入っていなかったんでしょうねぇ。

えびきす、見たかったなぁ・・・

 

遠くなるばかりのジャニーズだわーと、一人でしんみりしたり、

滝ツバ兄さんを見て、こみ上げてくるものがあり、うるうるしたり、

でも最後に、TOKIOとV6両兄さん方がお出ましになり元気になりました。

 

「二人合わせて92歳」には、思いっきり笑わせてもらいましたが、

そっかぁ、92歳ねぇ・・・と考えると、感慨深いものがありました。

 

そして、V兄さんの曲!!! もー増田くーーーーーーーーーん!

と、叫びたくなりました。

なんなんでしょう、この選曲♪ セクバニからのTAKE ME HIGHERなんて♪

うれしいのとともに、涙が出そうでした。

 

セクバニといえば、西寺郷太さんご出演のライブが三宿Webであったんですね。

もー後追いばっかりで、ついていけておりませんです。

 

昨日は「コードブルー」の最終回もあって、なんだか夜にあたふた

しちゃってましたが、とにかく山Pはスーパーウルトライケメンでした。

映画化決定なんですね。おめでとうございます♪見に行こうかな~。

 

いろいろ忘れて過ごしている日々ですが、

増田君のことは忘れようにも・・・←結局これが言いたいだけ。

とにかく明日もきっといい日になる♪で、がんばりたいと思います。

ちいさなしあわせ

友人と会って元気をもらいましたが、

毎日が「絶賛増田君の歌どこですか探索強化デー」

そんな感じの日々は相変わらずです。

 

でも今は動画もすぐに見ることが出来ますし、

DVDを繰り返し何回も見たり、いろいろ出来ます。

これが昭和の初期とかなら、写真すらなかったかも?

そう思うと、私は幸せな時代を生きているんだなぁ・・・

なーんて思います。

 

ただ、今は直近の増田君を見るのはちょっとツライです。

9月1日より前なら、逆に最近の増田君により近い方を選択していた

ような感じでしたが、どうにも「あの日」依頼、もっと前の増田君を

見ているような気がしています。

現実逃避なのかなぁ・・・

 

まぁ、どちらにしても、増田君を見ていることに変わりはないですね(笑)

 

そしてこれ何回も見たなーと思っても、見るたびに不思議な新鮮感があります。

なんなんでしょうね?この感覚。自分でもわかりません。

そこが増田君の魅力なのかもしれませんね。

 

今宵は今日のタマフルのオープニングトークで、宇多丸師匠が絶賛紹介した曲を♪

元々歌っていたのは、鈴木亜美ちゃんなのだそうです。

私は知らなくて聴いてみたところ、わーめっちゃいい歌!と思いました。

歌詞がすごくジーンときます。

こちらはカバーですが、こちらもいいです。

わーこの歌、増田君で聴きたい病が炸裂してきました♪

www.youtube.com

 

 

おたく二人、長月の夜は更けて

どうにもテンションが上がらなくて困っていたのですが、

心配してくれた友人が「とことん話しをしようぜぃ」と、

誘ってくれました(謝々)

 

彼女は、長年舞台などでも活躍しているある方の追っかけ(本人談)を

していて、私の増田君愛も理解してくれています。

私は数ヶ月前まで、増田君のファンだということを話していなかった

のですが(別に隠していたわけではないですよー)

ちょっとしたきっかけがあって、彼女に増田君のことを話しました。

 

それからは、互いのおたく愛を暑苦しく語ることも多く(笑)

よくわからない所は、一生懸命説明しあったりしています。

 

ジャニーズにはまーーーーーーーったく興味のない彼女でしたが、

布教用?に、滝沢歌舞伎やキスマイのDVDを半ば押しつけ気味に

貸したのですが、ちゃんと見てくれました。

増田君のこと、めっちゃ褒めてくれました(歓喜♪)

 

歌舞伎の増田君のことも、いろいろ感想を話してくれました。

増田君、お芝居が硬い感じがするけど、いろんな舞台に出て慣れれば、

舞台映えのする容姿は持って生まれた彼の武器なのだから、

これを生かさない手はないよーと。

他の出演者の方のお芝居に、合わせよう合わせようとしているので、

もっと自分の色を出すようにすればいいのだそうです。

彼女曰く「上品過ぎる」←確かに!

 

たくさんの舞台を見てきた彼女なので、指摘されたことも

「なるほどな~」と思いました。

 

歌の場面は、一番のびのびしていて良かったそうです♪

「なんでもっと歌わせてあげないの?」と聞かれましたが、

「それがジャニーズのやり方さ」としか答えられませんでした。

歌にはきっと自信があるんだねーと、やっぱりわかるんですね♪

 

とにかく、増田君は舞台の勉強をした方がいいよと。

きちんとやれば、ファンの方に受け入れられる素養は十分あるよと

太鼓判いただきましたー(わーい♪)

 

それと、増田君は歌以外の能力がよくわかってないんじゃないの?と言われ、

そうそう!そーなのよーーーーー!と思わず、彼女とハグしたくなりました(笑)

自分の能力がわかっていないから、どうやってアピールしていいのかも

わからないのだそうです。

すごーーい、そこまでわかっちゃうのねーと、ひたすら感心する私。

 

でもでも、増田君にいまは・・・気持ちを伝えようにもどうやって?

お手紙も出せないんだよーと、泣きを入れる私に

「彼は戻ってくるよー」と、自信満々な彼女。

 

一度ステージに立てば、そう簡単には忘れられない。

増田君に舞台の神様がついていれば、必ず戻ってこられるのだとか。

うーん、なんだかスピリチュアルな世界。

もちろん、努力は必要だけどねと。

 

そして「もうなんなら、路上ライブでもなんでもやって歌えばいいんだよ」

と、さらっと仰る彼女・・・

でも、路上ライブでスカウトされて、ミュージカルに出演することに

なった人も実際いるんだからという話を聞いて、思わず「へぇーーーー」

な私でした。

ちょっとクリエのドリボソロのことを思い出しました(見てないけど 汗)

終わらない夢を描こうなのねー♪ とすっかりその気な私(単純)

 

四の五の言っていないで、自分が納得出来るまで、

応援するならとことんやりなさいっ!そう励まされました。

でも迷惑かもしれないよという私に、エンターテイメントの世界に

いた人間にとっては、忘れられるということは実際には怖いことなんだよと。

いきなり「ハイ忘れました。さようなら」なんてされたら、

本人は絶対ショックだと思うよとも。

なんか目から鱗でした。

 

彼女は私を元気づけようとして、そんなことを言ってくれたのかも

しれませんが、その気持ちがうれしかったです。

 

とにかく、たくさん話をして元気をもらいました。

ほんとうにほんとうにありがとうです。友情に感謝です。

 

そうそう!びっくりしたのが「増田君って、ジャニーズっぽくないよね?」

という彼女の言葉でした。

同じおたくでも、住む世界が違うと、見る目も違うんですね。

新たな発見でございました。

さたでー・ないと・ふぃーばー

こんばんは。

タマフル聴きつつ、テレビもついていたら、

NHKで、お坊さんがギターを弾きながら

サザンを歌っているという場面に遭遇して、

なんだかカオスな土曜の夜です。

 

そしてそろそろ11時、増田くーん、アニメも始まるよー(おせっかい)

 

増田君のことを、相変わらず捜してさまよっておりますが、

少し落ち着こうと思うと、アラジンの話題が出てきちゃったりして、

なかなか忘れさせてくれません・・・

ってか、忘れる気なんてさらさらないっしょなんですが(汗)

やっぱりアラジンは、増田君しかなんですよー(いつまでも言う)

 

そして今日は、SMAP兄さんのデビュー26周年の日だったんですね。

西武園や江ノ電も話題になっていました。

ファンの方の力って、すごいですよね!

ほんとになんでこんなことになってしまったのか?

と、私一人が腹を立てても何も解決しないのですが。

 

今夜はココロ落ち着かせるためにこの曲を。

弾き語りを見ていると、増田君が風磨君のソロコンで

一生懸命キーボードを練習して、がんばっていた姿を

思い出してしまいました(涙)

 

それにしても、今でも増田君の歌が好きと言って下さる方が

たくさんいらして、うれしいです。

増田君にこの言葉が届くといいなぁ・・・

www.youtube.com

 

 

 

 

 

世の中今日も回ってる

今日から、ジャニアイだったんですね(乗り遅れ)

月初めから、いろいろありすぎたもので、

すっかり記憶から飛んじゃっていました。

(まぁ、覚えていても・・・ですが・・・投げやり)

 

もしやもしやで、増田君がいるかもしれないで申込はしましたが、

今思うと落選するのは必然だったのですね。

 

とにかくケガなく、無事に千秋楽を迎えられますように。

みんながんばれーーーーーー(小声)

 

それでもやっぱり、帝劇で増田君の歌を聴きたかったなぁ・・・

って、まだ言ってるよ状態ではありますが、

舞台が遠い日の花火状態になっています。

 

でも考えると、増田君は帝劇をはじめ、大きな会場で

歌を披露しているんですよね。

ジャニーズにいたからこそといえば、そうなのですが、

これってすごいことだと思います。

 

増田君が現場にいたら、今頃レポ探しまくって、

目がギランギランしていたかと思うと、寂しいものが

ありますが、私がそんなことを考えている間にも、

世の中は回っているんですよね。

 

なんだか1ヶ月もすると、すっかり乗り遅れてそうですが、

まぁ、それはそれでよしとして、増田君感傷会にしばらく

どっぷりつかっていたいと思います。

 

気持ちの上げ下げもあるし、季節の変わり目でもあるので、

みなさまも心身ともに、ご自愛下さいませ。

増田君も、お腹こわさないでね(母性)

 

「君にこの歌を」は続けたいなと思っていて、

今日の歌はNHKのドラマ「坂の上の雲」で流れた曲です。

ドラマでは女性が歌っていますが、出演されていた

藤本さんバージョンがあったので。

藤本さんって、水泳のオリンピック選手から、劇団四季に入ったという

すごい経歴の方なんですね。

結局、劇団四季 → ミュージカル → 増田君 と、連想ゲームに

なってしまいましたけど(涙)

www.youtube.com

こんなファンではございますが・・・

まとめ記事が出たことで、増田良君のお名前がまたクルクル

回り始めていますね。

羽場ちゃんのプロフィールも消えてしまったようで・・・

残念ですね。

 

その中で、増田君を惜しむ声がたくさんありまして。

 

増田君の歌が好きだったという声。

増田君の優しい性格や、出来ジュだったよねという声。

これからも、歌を続けていってほしいという声。

事務所なにやってんのよ!という、お怒りの声もありました。

みなさま、ありがとうございます。

 

たくさんの方が、増田君のことを話して下さるのを見て、

もう涙が出そう・・・というか、泣いております。

ほんとうに増田君、愛されているんですね。

私はすごい人の応援していたんだなぁと、改めて思いました。

 

まだ、なんだかフワフワというか、ゆらゆらというか、

気持ちがシャンとしませんが、こんなに才能あふれる人を

応援出来ていることは、幸せなことだと。

 

いま、ジャニーズのことに関しては、正直興味があまりわかなくなっています。

少クラも、増田君が出なくなってからは、ながら見でしたが、

最近は「あれ?今日少クラだっけ?」こんな状態です。

 

情報局も、FCも、更新はたぶんしないかなぁ・・・

やっぱり増田君ありきの部分が大きかったので。

 

まぁ、もともとがゆる~いお茶の間でしたから。

本当の意味で、お茶の間になりそうです。

 

いまでも、増田君が歌舞伎に出演決定した時と、

シアターガイドに載った時の、情報局のメールは保存してあります。

どちらも「やったー!」と、うれしすぎて踊りだしそうだったのを

覚えています。

 

シアターガイドに、また載ることがないかなと、

いつまでも未練たらしく言っているファンです(往生際)

 

今夜はこの曲を・・・

何度か言っていますが、増田君にJUJU姉さんのカバーアルバムを

出してほしいと、本気で思っています。

この曲タイトルのように、帰ってきてくれないかなぁと(まだ言う)

MVも、ちょっと泣けます。

www.youtube.com